Welcome to Subaru-Mitaka Remote Observation


国立天文台・三鷹キャンパスでは、ハワイ・マウナケア山頂にあるすばる望遠鏡のリモート観測を行うことができます。三鷹リモート観測では専用のコンピュータシステムを利用し、山頂とコミュニケーションしながら、望遠鏡を操作したり現地の観測の様子をモニターすることが可能です。
リモート観測をご希望の観測者は、Guideページにしたがって申請してください。


The Mitaka campus of the National Astronomical Observatory of Japan (NAOJ) has a remote observing system for the Subaru telescope. Remote observers can execute observations (either monitor or operate) of the Subaru telescope from Mitaka in communication with the telescope and instrument operators (and observers) at the summit. If you are interested to make Subaru-Mitaka remote observations, please follow the procedures on the Guide page.